世界放浪の旅

2009年8月20日から2010年6月11日までの約10ヶ月間、海外バックパッカーをしていました。
アジアを中心に12ヶ国をまわりました。
こちらのページは、そのときの旅行記をまとめたページです。

全69記事、11万6,130字、232枚の写真、13本の動画です。
海外バックパッカーをやってみたい方に、なにかヒントとなることがあれば幸いです。

それでは、どうぞ!

日本出国

さぁ、旅がはじまる
2009年8月20日、いよいよ世界放浪の旅が始まった。 1ヶ国目は韓国だ。その際、飛行機でびゅんと飛んでしまっては、なんだか芸が無いよ...

韓国、中国

船で下関(山口県)から釜山(韓国)へ
「下関港国際ターミナル」というところでチケットを買う。クレジットカードで決済。カード付帯の海外保険を有効にするためだ。出発は19時で、翌朝8...
韓国人は肌がキレイで、おデブが少ない
深夜1時30分、ほぼ時間通りにソウルに着いた。 ■プサンからソウルまでの高速バス。韓国語で「高速バス」は「コソクポス」と言う ...
船で仁川(韓国)から天津(中国)へ
仁川のフェリー乗り場に行く。19時発でだいたい26時間かかって天津に到着した。 料金は115000ウォン(約8750円)。日本人はたぶん僕...
旅を始めて1ヶ月半が経過し思うこと
2009年8月20日に僕のこの旅はスタートした。 今日は2009年10月10日なので、旅を始めてから1ヶ月半がすでに経過した。 今の...
中国・長距離列車の洗礼
テダセントラルホテル(TEDA CENTRAL HOTEL)から、タクシーと電車を使い、なんとか天津駅に到着。 ■駅から見える高層...
地上259mから見る上海2009
そんな悪夢の電車移動を終え無事、上海に到着。 ■宿泊したユースホステルの近くより撮影。見えるのは上海の金融中心地。1番高いビルが上...
成都のスタバで感じる世界のシステム
成都は「チェンドゥー(Chengdu)」と発音する。「せいと」と発音したところで誰にも何も伝わらない。四川省の省都である。腹ごしらえに、地元...

ベトナム、ラオス、タイ、カンボジア

成都(中国)からハノイ(ベトナム)へ陸路でノンストップ
さぁ、次はベトナム、3ヶ国目だ。 ■成都から昆明(Kunming)へ向かう寝台列車 「硬臥」というクラスを購入。3段ベッドの6人...
ヴィエンチャンで感じる「バイリンガルなんて当たり前」
ハロン湾から帰ってきて、次はラオスの首都・ヴィエンチャンへ行くことにした。 地図を見て、その時の気分で「なんとなく」決めた、別に理由は...
国家アイデンティティの保持 vs ウェルカムな侵攻
日本ではタイのことを「タイ」と呼んでいるが、正式名称は「タイ王国(Kingdom of Thailand)」である。王国なのだ。そして、国旗...
睡眠薬強盗 in カオサンロード:被害者は語る
宿で知り合った7人でカオサンロードを歩いていた。 時刻は22時30分頃。途中、ゴーゴーバーへ行こうという話になった。僕はそういう気分で...
「バンコク」それはアジアで一番グローバルな街
■ウドンターニーで宿泊した刑務所みたいな安宿 1泊190バーツ(約570円)だった。しばらく滞在したラオスを出国して、最初に訪れた街、...
タイで2番目に大きい島「チャーン島」
タイの次はカンボジアに行こうと考えていた。 ここはバンコク。このまま、タイの他の街を見ずに、カンボジアに直行してしまうのも、ナンセンスな気...
チャーン島からシェムリアップへバスで移動
■世界各国の観光客が見つめる朝焼けのアンコールワット チャーン島からカンボジアのシェムリアップという街まで行くバスを手配した。通常...
たしか吉野家の半熟玉子が60円だ
シェムリアップの街を離れ、ボーコー国立公園(Bokor National Park)に向かうことにした。その山頂には、フランス植民地時代に避...
ケップに到着、そしてボーコー国立公園へ
プノンペンからバスに乗って、無事ケップに到着した。バスにしろ鉄道にしろ、自分の目的地が終点でない場合、一体どこで降りたらいいのか、毎度のこと...

マレーシア、シンガポール

マレー鉄道でバンコクからマレーシアへ
カンボジアの次はマレーシアに行こうと考えていた。 地理的に、カンボジアからマレーシアへは陸路ではいけない。タイに一旦戻る必要がある。タ...
ペナン島のジョージタウンで中国茶に目覚める
マレー鉄道でタイからマレーシアに移動し、無事バタワース(Butterworth)という街に到着。すぐに船に乗り込み、ペナン島のジョージタウン...
ダミー(Dummy)なダミエ(Damier)
ジョージタウンから乗ったバスは深夜1時過ぎにクアラルンプールに着いた。バスの窓から見た景色の変化は、韓国の釜山からソウルへ向かうバスのそれと...
シンガポール人に打って付けの職業
マラッカのあとは、ジョホールバル(Johor Bahru)というシンガポールとの国境の街を経由し、バスでシンガポールへと入国した。国が変わる...

オーストラリア

「これは、オーストラリアの国家戦略価格だ」
23時07分。予定より3分早く、シンガポールのチャンギ国際空港から出た飛行機は、パース空港に到着した。入国手続きを済ませ、フロアに出る。到着...
パース、それは「世界で一番住みやすい街」
結局、ペットボトルのコーラの値段は、市中のスーパーやコンビニでも3オーストラリア・ドル(約240円)以上はした。困ったものである。物価が高い...

インド

2010年の年明けは、インド・コルカタにて
■コルカタの空港を出て見える景色をまずワン・ショット 世界放浪の旅に出る前の話。一人で海外旅行もしたことがないし、英語もたいしてし...
世界を旅しながらブログを書き続けること
ここはインド・コルカタなり。テキツーにブログ書く。 ■あれ、勝間和代?いや、違え ■ん?エミネム?いや、ちょっと違えな ...
夏目漱石とマザーテレサと物乞いのおっちゃん
■マザーハウス「MISSIONARIES OF CHARITY」、ボランティアに参加 マザーハウスにて、日本人のシスター(カトリッ...

バングラデシュ

顔に穴をあけるかのごとく視線が集中
バングラデシュに入国した。小学生だか中学生の頃、社会かなにかの教科書に載っている世界の国旗を眺めていて、日本と同じデザインの国旗があることに...
バングラデシュにあって日本にないもの
「クルナ」という街を歩いていたとき、自転車を布切れで拭いている青年がいた。街の雑踏のなかで一生懸命に自転車をキレイにしている姿が、僕の目を捉...
ロケット・スティーマーで船旅、ダッカへ
バングラデシュにて。クルナから首都であるダッカへは船で移動した。「ロケット・スティーマー」という名の船。そのファーストクラスを選択。バングラ...
「FRAGILE」に名前変えろ
■Daudkandiの映画館にて 泊まっていた宿に映画館が併設されていた。宿の部屋は汚すぎて不快な上に、電気がどうもご機嫌斜めなよ...

再びインド

コルカタでバイク購入、インドをバイクで旅する
バングラデシュからインドはコルカタに戻ってきて、やっていたことは、「バイク探し」。 インドをバイクで移動してみようと。まったく情報が無...
Kolkataを離れ、Haldia、そしてDighaへ
◎2月5日(金):とにかくHALDIA HALDIA 朝。7時頃起きる。今日はバイクで出発の日。もろもろの準備をし終え、「朝飯をしっか...
Digha発つ、ブバネシュワール、そしてプリーへ
◎2月7日(日):犬・お牛さま・ヤギ・リスみたいなの・なんだこの猿 朝。良い天気。ホテルをチェック・アウト。昨日もだったが、バイクにバ...
プリーで前輪タイヤパンク、体調崩す
◎2月9日(火):最高の環境?いや、僕はちょっと。 朝。7時頃起きる。チャイがドミトリーの部屋まで運ばれてくる。あんま美味くねえ。朝食...
プリーでの安静生活
◎2月12日(金):プリーに寝たきりになりにきた、みたいな 朝、10時頃起きる。だいぶ良くなった感じ。しかし、バイクで長距離走れるほど...
BARIPADA警察署に連行される
◎2月15日(月):おもしろいブログとは?というテーマについて研究 朝。起きる。何時に起きたのかも忘れた。ってゆーか、この宿で、この何...
BaripadaからRanchiに進む
◎2月17日(水):インディアン・ガールは好きか? 朝、10時頃起きる。かゆい、蚊に刺されまくってる。シャワー浴びる。水量良し。が、す...
情報を持った階級・情報を持たない階級
日記スタイルでブログを更新するのは、やめることにした。書いていても、「なんだこの事務作業」みたいに思えてきて、書いている本人がたいして楽しく...
「食」で得られる幸福感
Ranchi以降。Hazaribag、ブッダ・ガヤーと進み、そしてバラナシに到着した。Ranchiで、また前輪タイヤがパンクしたものの、それ...
音楽と相性の良い移動手段
体調も快方に向かい、そろそろバラナシを離れ、次に進むことにした。 ■宿の屋上から眺めるバラナシの街並み バイクに乗っていると...
バラナシからFatehpurへ、雄たけびあげながら
バラナシで11泊した宿をチェックアウト。11泊もすれば、それなりに宿のスタッフと絡む機会もあったわけで、とある感じの良いスタッフにチップをあ...
これまで盲目的に行い常識的に信じてきた行為
Fatehpurで何件か宿をまわっているときに、はっと気付いた。いつのまにか、自分がある程度キレイな部屋を求めているということを。少し余分に...
観光汚染
Fatehpurは小さな街なので、少し歩くだけで街の全体像が十分にわかった。 今日の朝、バラナシを出たときは覇気がなく、へなへな状態だ...
「お前のバイク売ってくれ」オファーの嵐
アーグラからは、NH11(ナショナル・ハイウェイ11)を使いジャイプル(Jaipur)まで進んだ。走行距離は257km。「地球の歩き方」に載...
ジャイプルからプシュカル、プシュカルからウダイプル
ジャイプルからプシュカル(Pushkar)へ移動。走行距離158km。 ジャイプルあたりから気温が上がりはじめ、ラクダの姿を頻繁に見か...
インド亜大陸の最南端(カニャークマリ)まで行くことを決断
ウダイプルからアフマダーバード(Ahmadabad)へと移動。走行距離296km。 プシュカルあたりから気温が上がりはじめたが、さらに...
ダマン(Daman)のゲートくぐって禁酒法解禁
ヴァドーダラーで泊まったホテルは久しぶりにバスタブが付いていた。バスタブは久しぶりである。うーむ、思い返してみるとじつに中国の天津ぶりだ。こ...
ムンバイで3回警察にゲットされる
ダマンではいくらでもお酒が飲めたが、結局ひとくちも飲まなかった。 ダマンの次は大都市・ムンバイ(Mumbai)へ。NH8をひたすらに進...
Lonavla(ロナウラ)は避暑地
Lonavlaの街は山を登ったところにあるため、標高がある程度ある。そのため夜でもTシャツ・半パンでは少し肌寒かった。とても小さな街であるが...
地図(マニュアル)を捨てる勇気
今までは基本的にナショナル・ハイウェイ(NH)という幹線道路を走ってきた。最初のころ、つまり、バイク旅のスタート地点であったコルカタ(Kol...
ゴアのサタデーマーケットとか
ゴア(Goa)とひとくちに言っても、ゴアは州(State)の名前だ。そのため、ゴアに入ったはいいが、「ゴア」以外の行き先キーワードを知らなか...
ハンピ(Hampi)でブッ飛ぶ
ゴア州では酒税が掛からないのか何なのかよくわからんが、ビール(他の酒は飲んでないので知らん)が安い。レストランで飲んだTUBORGの小ビンは...
インターネット的とは
初日に起きた事故によるケガは回復しつつある。あとは右足首だけ。もっともダメージをくらったのが右足首で、まだかさぶたが残っているし、フツーに歩...
ハンピ→チャラカレ→バンガロール→マイソール
インドの街を転々と移動しながらブログをアップし続けるのはなかなか難しい。 そして、前回アップしてからの時間が空けば空くほど、どんどんア...
マイソール→バンディプール→カリカット→コチ
1ヶ月の投稿記事数がはじめて10を越えた。よーし、その調子だ。 マイソール(Mysore)→バンディプール(Bandipur)→カリカ...
そのとき、黒い傘が宙を舞っていた
ちなみに、マイソール(Mysore)以降はぐだぐだなバイク旅になってきている。原因はたぶん、もうインドがお腹いっぱいで、これ以上入らないから...
インド最南端に無事到着、そしてバイク売却
インド最南端であるカニャークマリ(Kanyakumari)に無事到着した。思えば、スタートしたのはコルカタ(Kolkata)で、地図を見ると...
幸せですか?帰国後はどうするのですか?
最近ぼちぼち、「ブログを見ました!」という方からメールを頂くようになってきました。これはもう本当にうれしい限りです。自分が本気でアウトプット...

台湾

台北で考える、「旅ってなんだ?」
現在、台湾にいる。まず、最初に入った街は、台湾一の都会・台北(Taipei)。そして、僕が台湾にきて、まずはじめにしたことは、新しいシャツと...
自転車で台湾一周スタート
2010年5月15日、台湾一周の旅がスタートした。 出発当日の朝、最後の情報収集と荷作りをしていると、宿の共用スペースにて、はじめて見...
九份、福隆、大渓、礁渓
人生初の野宿はなにごともなく、無事に朝を迎えた。AM5:00。ちょっと早起きすぎるかと思ったが、人々が動き出す前に撤収したいという思いのほう...
蘇澳で冷泉とか、警察署で寝るとか
台湾での自転車旅3日目は、礁渓(Jiaoxi)→宜蘭(Yilan)→蘇澳(Suao)と進んだ。走行距離45km。 ものすごい蒸し暑くて...
太魯閣の天祥で飲むビール
AM4:30。警察署にて起床。蚊がブンブンとものすごくて、なかなか寝れなかったが、その浅い眠りが逆に、予定の時間に起きるのには都合がよかった...
太魯閣、花蓮、瑞穂
早朝に起床。宿のご主人からは、あと3人ドミトリーに来ると昨日聞いていたが、起きてみると、泊まっていたのは僕ひとりであった。今着ている服を除き...
台湾に来たら池上便當(弁当)を食すべし
朝、起きる。5時頃。テントでの寝泊まりというものは、寝心地は決して良くはないので、自然と早起きになる。寝坊の達人である僕でも、なんのアラーム...
台東、尚武、東港
緑島から台東へ帰る船も相変わらずくそ揺れた。漁師というのはこんな環境で毎日仕事をするのだろうか。タフ過ぎるぜ、尊敬だ。台東に戻ったあと3泊ほ...
高雄、台南、嘉義、阿里山
現在、台北。 そう、台湾自転車一周の旅はおととい(2010年6月8日)無事に終了した。ジャスト25日間の旅だった。2週間くらいでの一周...
台中、豐原、新竹、台北
嘉義から台中(Taichung)へ向かって走っているとき、後ろから来た台湾人のサイクリストから話しかけられた。名前は劉さん。いつものように、...

そして帰国

しばらくは、「受けの旅」はできない
2010年6月11日。無事、日本に帰国することができた。 それにしても、だ。飛行機が僕はダメだ。何回乗っても慣れない、怖えぇ。なるべく...
masanoria_336
masanoria_336

フォローする