飛行機が墜落する夢

最近、飛行機が墜落する夢をよく見ます。
今日も見ました。多少不吉ですが、その夢の最中も目覚めた後も恐怖感らしきものは一切ありません。

今日のは飛行機ではないんですが、なんか電信柱みたいなの4本で構成され、4本の中心部分に丸くて黄色の、素材や形状はなんか、サッカーゴールのネットのような、そんな感じの操縦室(?)がある飛行物体でした。空の感じから、晴れた日の午前11時くらいだと思われます。

おれは地上にいて、その飛行物体を眺めていました。「ひどく安上がりだな」、「変わった飛行機を作るやつがいるもんだなー」とさぞかし関心しました。

徐々に地上へ落ちて行き、やはり墜落しました。

墜落したと思ったら、墜落した場所から、墜落したと同時ぐらいに、まったく意味がわかりませんが、プロペラ型のちゃんとした飛行機が飛び出してきました。最初は空高く飛んで行くように見えましたが、すぐに変な軌道を描き、地上に落ちて行き、最後は畑のビニールハウスに突っ込んで、墜落してしまいました。

「これは大事故だ」と思い、すぐに現場に走りました。

現場付近は普通の住宅地でした。すぐ駆け付けたはずなのに、もう人だかりができていて、現場には近付けず、住宅地から前にはまったく進めませんでした。前に進めなくなった人たちのなかで、住宅地の路地で立ち小便をしている人がいます。なぜでしょうか。我慢できなくなったのでしょうか。

住宅地なのでトイレなんてありません。普段見る光景ではないので意味不明で混乱しました。まったく意味がわかりませんでした。

—。

飛行機が墜落する夢ですが、毎回おれは地上から墜落する飛行機を見ているだけです。なぜか墜落現場のシーンは出てきません。爆発のシーンもありません。空から徐々に落ちて行く飛行機を見て、向こうの遠くの方にたしかに落ちるシーンだけです。

そういえば気になるので、「飛行機 墜落 夢」でググりました。
少ししか調べてませんが、どうやら、よくあるパターンの夢のようです。

飛行機の夢と一口に言っても、自分が操縦していたり、自分は地上から見ているだけだったり、ただ単に乗り遅れる夢だったり、爆発炎上したり、途中でパラシュートで脱出したり、といろんな場面が考えられ、場面毎に意味合いが変わってくるそうです。

「場面毎に意味合いが変わってくる」×「いろんなウェブページでそれぞれいろいろ言ってる」ということで、166×166みたいに頭の中で収拾がつかず理解不能でしたが、なんとか共通項を見出したところ、それは、「目標が達成できない」、「不安」、「息抜きが必要」というキーワードが出てきました。

—。

15連勤や20連勤というのは、つまり月に平均2回ぐらいの休みとなります。15連勤や20連勤を単独で見れば、たいしたことないんですが、これが繰り返されてくると複利の効果が働きだします。おれはこの点に気付きませんでした。15連勤や20連勤は単独であればたいしたことはありません。

が、しかし、1セット目の15連勤や20連勤の「疲れ(?)みたいなの」が、2セット目の15連勤や20連勤に組み込まれてきます。なので、2セット目の15連勤や20連勤はただの15連勤や20連勤ではないのです。2セット目は1セット目の「疲れ(?)みたいなの」が元本に組み込まれて継続運用されてくる15連勤や20連勤なのです。

そんな感じで、3セット、4セット、5セット…と長期運用していけばいくほど、複利の効果が働いて、さぞかしダルい感じになってきます。連休などはもちろんありません。上記の「息抜きが必要」というのはこのことかも知れません。どうりで頻繁に飛行機が墜落するわけです。適度な休息は必要ですね。

—。

長井代助派のおれとしては、これではいけません。
12月からは休みを少し増やそう。

生産的、生活的、経済的、金銭的労働ではなく、
創造的な労働がしたいです。

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336

コメント

  1. 渡辺ももこ より:

    乙!陶芸welcome!(とかゆってわたしもはじめたばかりですが…

  2. masanoria より:

    > 渡辺ももこさん

    この21世紀デジタル時代に、原始的でアナログなのがいいよね、陶芸って

  3. momo より:

    そだねー、目に見えて、自分の手がダイレクトに道具になるってすごい気持ちいい、鉛筆とかキーボードとかじれったくて私にはダメでした…

    土を撫でるのも好きw

  4. ますみ より:

    あけましておめでとう。

  5. やまひろ より:

    昔夢占いの本を読んで、ほとんど内容を覚えてませんが、『「飛ぶ」「落ちる」は欲求不満』というのだけ覚えています。
    それなりに、あるんでしょうね。
    まぁただ、不満を蓄積するのも、一つの準備とも言えるかもしれない。