竜神の泉(秦野)に行ってきた


■竜神の泉【現場】、ドラクエに出てきそうな名称で良い、全国名水百選の水です


■竜神の泉【由来説明】、昔の人は自然崇拝(アニミズム)が生活に根付いていました


■竜神の泉から振り返るとこんな風景、だいぶ山ってます、気持ち良い


■道中にある看板、このあたりは【丹沢大山国定公園】と言うらしい、ほうほう


■スペインのエル・カミニート・デル・レイ(El Caminito del Rey)みたいな場所も通ります、違うか

竜神の泉、場所は秦野戸川公園の脇の道をぐんぐん登って行った先にあります。途中からダートです、道だいぶ悪いです。僕が行ったときは昼頃だったと思うけど、先客が2組。どちらも車で。川崎ナンバーと品川ナンバー。こんな所までわざわざ水を汲みに来るほど良い水ということでしょうか。

2リットルのペットボトル7本分汲んで、家に持ち帰って、水道水と前からストックしてあった弘法の清水(また別の秦野の湧水)の3つで飲み比べ。まず、竜神の泉飲む。ふむふむ。次に水道水。驚くほどの差。まるでプールの水飲んでるみたい。化学薬品くさい。水道水ってひでえな。

そして、竜神の泉と弘法の清水で飲み比べ。どちらも秦野の天然湧水、どちらも名水百選。結果、全然違う。個人的には竜神の泉の方が美味い。弘法の清水は結構特徴がある。っていうのは、まろやかというか、なめらかという点において。極端に言うと、とろみがある。片栗粉ちょっと入れた?みたいな。かなりの軟水だし、比較的アルカリ性が強そうっていう印象。

竜神の泉は、弘法の清水より、芯の真な力強さがある。いつもは、2リットルのペットボトルに水汲んでるんだけど、ホームセンターとか行って、水入れる用の何十リットルも入るポリタンク買おうかなと検討中。水汲みに来てる人でよく皆使ってるのは、安焼酎なんかの例えば大五郎なんかの4リットルのペットボトル。

ちなみに、写真6枚目・7枚目は、秦野戸川公園。木々花々色とりどり、水色桃色緑黄緑。

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336