追善供養復興祈願祭 in 鎌倉に行ってきた

ちょっと、最近このブログ、時系列がバラバラですが、先日4月11日に鎌倉で開催された、「東日本 追善供養 復興祈願祭」に行ってきました。3月11日から1ヵ月の節目にあたるこの日に、鎌倉の鶴岡八幡宮にて、神道・仏教・キリスト教の宗教者が宗派を超えて結集し、合同祈願を執り行うというものです。

14時30分から鶴岡八幡宮にて始まるということで、ちょい早め集合の13時に鎌倉駅で竜馬と待ち合わせ。そして昼食。竜馬のチョイスで、大町にある祥の家(しょうのや)へ。駅から歩いて行ける、10分15分ぐらい?おれは、鎌倉しらす北海親子丼(しらす・鮭・いくらのコラボ)を注文。

これが本当に美味しくて幸せな気分になる。しかも値段はリーズナブルで、たしか980円と記憶している。また行きたい店だ。そして、そこからボチボチ鶴岡八幡宮へと向かった。若宮大路(わかみやおおじ)を歩いていると、前からまほちゃんが偶然バッタリ歩いてきた。

仕事の空き時間ということだったので、誘って、3人で鶴岡八幡宮へと続く満開の桜並木を歩いた。ぽかぽか陽気で、連なる桜の木の下、極めて平和な時間だった。

下の写真のように、鶴岡八幡宮の舞殿にて祭事は執り行われ、そこをぐるっと取り囲むようにたくさんの人が祈願に参列した。鎌倉というのは、かつて鎌倉幕府が置かれていた場所であり、当時、国難があったときには社寺がまとまり、祈願し、乗り越えてきた歴史があるという。そして今、歴史を経て、今回の国難を乗り越えるために、この祭事が執り行われた。

僕は多くの日本人と同じように無宗教者であるが、祈りの力は信じている。祈りは目には見えない、触れない、数値化できないものであるが、多くの人が心から祈ることで、世の中を動かす見えない力が生まれると思っている(感じている)、だから参加した。

鶴岡八幡宮から由比ヶ浜まで移動し、最後は海岸にて祈願。17時30分頃、今日の祭事は終了した。鎌倉市観光協会が立ち上げた、「Kamakura pray project」では、鎌倉での様々なイベント情報を今後も発信していくようなので、要チェックです。

kamakura411-1

kamakura411-2

kamakura411-3

kamakura411-4

kamakura411-5

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336