スキー場で50日間過ごしていました

スキー場に到着したのは2010年12月28日で、出発したのは2011年2月15日なので、ジャスト50日間いたことになる。到着して1日、2日ぐらいはなんとかネットに接続できたのだが、それ以降は一切、接続できなくなってしまった。大雪のせいだと思われる。

雪に囲まれていると、すべての音が奪われたかのようにしーんとする。雪は音を吸収するようだ。音は音波。電波も音波と同じく空間を伝播するものとして、雪に吸収されてしまったのだろうか。

50日間、ほとんど毎日同じような内容の日々を過ごした。どんな1日だったか書き出してみよう。

—。

だいたい毎日6時30分に起きた。食堂でめざましテレビを見ながら、インスタントのコーヒーにクリープと砂糖をごっそり入れて飲んだ。毎日毎日、KARAとか八百長とかそんなんばっかりだった。朝食は途中から食べないことにした。

最初のうちは嬉しくてもちろんガッツリ食べていたけど、食料の体内への供給が安定的になると、僕の場合、朝食は食べない方が調子が良いようなのでやめた。7時40分頃に寮を出てスキー場に向かう。寮からは歩いてすぐの距離。事務所でタイムカードを押し、ゴンドラに約10分間乗りゲレンデ到着。僕の仕事場はリフト降り場だった。

今年は大雪で、リフト乗り場や降り場が雪に埋もれて、その除雪作業に時間がかかり、1時間遅れでオープンというのはしょっちゅうだった。リフト乗り場は3人で担当するが、降り場の方は基本1人での担当だった。

リフトに乗って上に行く。降り場の小屋に着いたら、ストーブを付け、降り場を除雪し、お客さんが降りやすいように整備する。初心者のお客さんにはリフトの速度を遅くしたり、うまく降りられずリフトに轢かれそうになったお客さんがいた場合には非常停止をする。それを小屋のなかで操作盤の前に座り行う。

リフトに乗っている最中に、スキーの板やストックを落としたとか、グローブを落としたとか、デジカメを落としたとか言うお客さんもいるので、そういう場合には、どの辺りで落としたか聞き出し(リフトの柱には番号が振ってあるのでそれを目安に)、パトロール隊に連絡し取りに行ってもらう。

お客さんの安全に関わる重要な仕事ではあったが、非常に楽な仕事だった。16時30分頃には、片付けをし、リフトを止める。スノーモービルのお迎えが来て、ゲレンデの下まで降りる。乗り場の3人と合流し、ゴンドラに乗り込み、事務所でタイムカードを押す。

そのまま寮に帰り、すぐ夕飯。夕飯は別に各自で何時に食べてもいいのだが、特にやることがないので、だいたいみんな帰って来てから、すぐに夕飯をとった。18時前に食べ終わっていることがほとんどだった。食べ終わったあとは、部屋でごろごろしたり、テレビを見たり、読書をしたり、ピアノの練習をしたり…

まぁ、だいたいそんな感じだった。

—。

asahi-tengusuton01

asahi-tengusuton02

asahi-tengusuton03

asahi-tengusuton04

asahi-tengusuton05

休日にはスタッフはタダでリフトが乗れた。ウェアと板のレンタルは500円の特別価格。ショートスキー1回、普通のスキー1回、スノーボード2回と一通り滑っておいた。

この期間に238,099円稼ぎました。最初5万円でスタートしたのを考えると、十分すぎるほどの旅資金です。調子に乗って、毎晩夕飯にはビール(発泡酒)を飲んでいました。

前回からの出費は…

ビール(発泡酒)35本(5,250円)、スキー代4回(2,000円)、梅酒(525円)、牛乳(218円)、お菓子(3,197円)、ジュース2本(240円)、高速バス代(3,760円)、マクドナルド(300円)、ミスドー(300円)、松屋(290円)、菓子パン(138円)、エクセルシオールカフェ(350円)、文房具(294円)、ビール(スーパードライ)2本(514円)、カップヌードル2個(343円)、ネットカフェ(2,150円)、下山みやげ(1,995円)。

masanoria_336

コメント

  1. J.H より:

    成典、お疲れさまでした―。
    これまたいい経験だったのかな?
    これからまた、俗世間を離れて旅を続けてくださいね。

    もう一度、旅の目的を確認しておかないと、ただの旅行になっちゃうと思うので気をつけましょう。

  2. lknnh より:

    お疲れさまです!
    日本海側は大雪で、結構心配でした。
    雪なんかにへこたれるタマじゃないか☆

    ここに書くようなことじゃないけど、二郎(野猿、歌舞伎、小滝橋、品川、大宮、池袋、三田、藤沢、中山、高田馬場)行ったんだけど、あの時断られた藤沢笑 が一番美味かった! てことで、帰ってきたときには、一緒にジロりましょう! 美味さに震えます笑

    てことで旅気をつけて☆

     

  3. masanoria より:

    > J.Hさん

    俗世間離れます!笑。
    ただの旅行にならないよう、もがいて行きたいと思います。

  4. masanoria より:

    > lknnhさん

    今年はホント大雪だったみたいで、こっちの地元のTVでも毎日大雪ニュース。
    へぇ~、藤沢の二郎が美味いんだぁ!じゃあ、旅が終わったら行ってみましょうか!