道後温泉、しまなみ海道、そして広島県へ

aj1216-1
■宇和島の商店街、平日の17時すぎの風景…完全にシャッター…

新しい街に入ると地元の人に、「この辺で人がたくさん集まるような通りとか、アーケードの商店街とかってありますかねぇ?」って、路上でピアノを弾くために尋ねるんだけど、だいたい返ってくる言葉が、「最近は不景気でこの辺も寂れちゃってね…」という感じ。

「大型のスーパーやショッピングモールに人は集まるよ」って言われるんだけど、そんなトコじゃ弾けないしなぁっていう。地方の街が衰退していくと、その先は消滅?地方が消滅したら、周りからじわじわ、たぶん中央も衰退していくよね。ということは日本は消滅?これは本当は超マズい問題じゃないだろうか。

aj1216-2
■宇和島市から大洲市(おおずし)に向かう途中で見えた夕日。キレイすぎて思わず立ち止まる

aj1216-3
■大洲市から松山市に走る途中、見えたみかん畑

さすがに、みかんで有名な愛媛県だけあって、やっぱりみかん多い!だけど、生産量だか何を基準にした話だかわからんが、今はみかんに関しては和歌山県の方が上らしいね。比叡山の近くで頂いたみかんは和歌山のものだったんだけど、たしかにあれ、めっちゃ美味かったもんなぁ。

aj1216-4
■ちなみに浴室内には、「坊っちゃん泳ぐべからず」という注意書きの札がありました

aj1216-5
■夏目漱石も頻繁に通ったという、道後温泉

朝は6時から営業してて、入浴料はいちばん安いプランで400円。いろいろプランがあるんです。2階の大広間で休憩できるプランだったり、3階の個室で休憩できるプランだったり。日本で唯一の皇室専用浴室というのも備えています。湯の感じは、「これホントに温泉か?」って感じだったんだけど、湯上り後はなんとも気持ち良かったです。次は夜来てみたいなぁ。

道後温泉は松山市の繁華街から3,4kmの距離にあります。チャリですぐ。にしても、松山はなかなか都会でしたね。四国でいちばん栄えてる印象でした。アーケードの商店街も人でごった返すほど。テキトーなところでピアノを夜弾いてみたんですが、はじめて1円も稼げませんでした。というか、眠すぎてピアノどころじゃなくて、開始早々すぐやめてしまったんですけどね。。

aj1216-6
■しまなみ海道を走ります、全長70kmくらい

しまなみ海道は、愛媛県今治市(いまばりし)から広島県尾道市(おのみちし)を結ぶ道で、間にいくつかある島を、橋でつないでいます。ですから、橋を渡ったら今度は島内の道路を走る感じです。最初の橋を渡って、すぐの休憩所のベンチで横になったら、気付いたら2時間も寝ていました。だいぶ疲れているようです。

aj1216-7
■近頃最近、夕日がキレイっす、最後から2番目くらいの橋を渡り終えたところ

結局、尾道市に着いたのは夜。距離はたいしたことなかったんだけど、かなり時間が掛かってしまいました。しかも、尾道は思ったより何もなくて、15kmほど離れた三原市という隣の街まで移動するハメに。この日は100km近い移動だったんだけど、肉体的・精神的にこの旅のなかで一番しんどい日だった。

そして、今後のことを考えてここらで一発、住み込みのバイトをすることにします。今、広島県にいるので広島県近辺で探します。サクッと見つかるだろうか、鬼苦戦するだろうか…

masanoria_336