高知市、越知町、四万十町、宇和島市

aj1209-1
■龍馬はイイこと言ってますね、「衆人がみな善をするなら、おのれ一人だけは悪をしろ。逆も、またしかり。英雄とは、自分だけの道を歩くやつの事だ。」という言葉も残していますが、ビッと来ましたねぇ。そして、高知のアーケード商店街では路上でピアノも。1時間弾いて、2,144円稼げました。

aj1209-2
■高知市から越知町に行く途中に寄った、小村神社(おむらじんじゃ)。背後には樹齢千年以上の牡丹杉。木に触れてみて目を閉じた。「ありのままでいいんだ、堂々としていればいいんだ」と教えられた。越知町ではインタビューもしたので、近日中にアップの予定です。

aj1209-3
■越知町から四万十町に向かう途中に寄った、桑田山温泉(そうだやまおんせん)。その昔、弘法大師(空海)がこのあたりを通ったときに、「桃の色で染んだ山」と言ったことから、「そうだやま」と言われるようになったそうだ。入浴料は600円。冷泉が出るらしく、それを沸かして温泉にしている。

ご主人からノンアルコール・ビールの差し入れを頂き、しばし立ち話。冷泉はそのまま飲料水としても飲むことができて、胃潰瘍とかの患者もここで療養したら、だいぶ良くなったとのコト。おじいちゃんは93歳で現役バリバリ。水だよな、やっぱり。すべては水ですよ。そう考えると秦野デカいな。

aj1209-4
■道の駅「あぐり窪川」から、381号線を使い宇和島市を目指す。左手に見える四万十川を見ながらひたすら漕いだ。この日は異常に寒いなぁ、と思ったら気温は3℃。前日から10℃近くのダウンです。

途中からはなんと雪も降り出した。寒さとの戦い。排気ガス充満だろうけど、トンネル内に住みたいと思ってしまったほど。なんでこんな寒いなか走ってるんだろう?これって意味あるんだっけ?おれ、間違ってねえ?とか、そんなことばかり考えていました。ゴチャゴチャ言わんと走れおれ。

aj1209-5
■山ばかりでしたが、ちょうど山と山の間で意外にも道は平坦。この日は100km近く走りました。荷物たくさん積んでるんで、さぞかし大変かと思われるでしょうが、想像以上に楽だとは思います。自分で背負うのと、自転車に積ませるのは、動かしている総重量は変わらないのに、まったく違うんです。

前回からの出費は…

吉野家(560円)、マック(1,390円)、お菓子(415円)、すき家(250円)、菓子パン(593円)、丸亀製麺(380円)、ジュース類(473円)、ネットカフェ(1,680円)、カップ麺(175円)、ビール(157円)、いも天(105円)、桑田山温泉(600円)。

masanoria_336

コメント

  1. さとし より:

    寒いのでゆっくり進んでいってくださいね。

  2. masanoria より:

    > さとし

    さとし、応援コメントありがとう。
    寒さ厳しくなってきたね。でも、まだ大丈夫なレベル!