御厨人窟(みくろど)行って、バス停(バス小屋)で寝る

59日目!
徳島県海部郡海陽町→高知県室戸市

aj1207-1
■室戸のイーストサイド、こんな感じの道を走ってゆきます

道の駅「宍喰温泉」の前はすぐ海で、潮騒の音を聴きながら寝れるかなー、と期待したが、エンジンかけっぱの長距離トラックがいて全然ダメだった。fuck!まじ迷惑。アイドリング、ダメ、ゼッタイ!3,4,5時といつにも増して何度も目が覚める。

そして、5:18に起床。もちろんまだ真っ暗。もし時計がAM1:00と指していたら、そのように思ってしまうだろう。テント&寝袋を片付け、近くのコンビニへ。朝食。真っ暗の海を見ながら、うどんのカップ麺とか。

で、6:30からは昨日も行ったホテル内の温泉へ。調子に乗って朝風呂だ!荷物をボックスに入れ、服を脱ぎ、タオルと洗面用具を持って浴室に行こうとしたら、トイレに行きたくなったのでUターン。すると、おばさんに出くわす。「あれ?あっ!掃除のおばさんか」と思ったが、どうも違う感じだ。

まさかと思い、「女湯ですか?」と聞くと、「はい」と。やべぇ!

間違えた。。昨日とは逆になったようだ。あと少しで浴室に入って寛いじゃうとこだったぜ。危ねぇ、危ねぇ。この宍喰温泉は無色透明の温泉なんだけど、ぬるぬるしていて肌が潤いそうで良い。手があかぎれで亀裂が生じている、治れ。それにしても朝風呂は最高すぎる。気持ちいいぃぃぃ。視界には太平洋。

自前の石けんを持ってはいたが、備え付けのシャンプーとボディソープがあったので使う。が、やっぱりダメだ。このヌルヌルとしたケミカル感がもう無理。前回の世界放浪の旅に出てからは、バックパッカーということで、荷物削減の為に、髪も顔も体も固形石けんひとつで洗うという生活をしていたのだが、それに慣れてしまったら、もうシャンプーやボディソープが使えなくなってしまったのだ。気持ち悪くて。

もちろん、それまではずーっと、ヴィダルサスーンとかラックスとかのを普通に使っていた。自前の固形石けんですべて洗い直した。やっぱもう使えない。

aj1207-2
■オーラ凄かったっす、弘法大師(空海)が修行した洞窟、その名も「御厨人窟」

55号線をひた走る。室戸のイーストサイドは鬼ごっつい走ってて気持ち良かった。風はわりと強かったが追い風で驀進できた。途中、御厨人窟(みくろど)に寄る。弘法大師(空海)が籠もって修業をし、悟りを開いた洞窟だ。洞窟のなかから見える空と海に感銘し、空海という名前を付けられたと言われている。

なかに入るとオーラが凄い。体にビシバシと感じた。管理というか受付のおばちゃんと軽く談話し、カンパもいただいた。有難い!500円玉と海洋深層水のキャンディー。そう、この辺りは海洋深層水で有名なのだ。

で、室戸岬の先っちょまで行き、そこからはウェストサイドになり北上して行ったのだが、風向きが変わり空も曇ってきた。やがて、雨も降ってきてしまったので、行当という地区の橋の下に避難。止みそうもない。まだ16時前。今日はここまでか。マックやファミレスがあれば行きたいが、この辺は本当にそういうのはない。まだまだ時間はあるのに、何もできない。うーん。

地元の方に、近くにバス停(バス小屋)があって、そこなら雨風しのげるよと聞き、移動。たしかに、雨風はしのげるのだが、このバス小屋、残念なことにうんこ臭い。干からびたうんこが隅に置いてある。げ。朝までこのうんこ臭を嗅ぎ続けるのは嫌だったが、外は雷も落ちるほどの雨で、他に行き場所もない。しゃあない。

Google Mapで近辺を調べると酒店があったので、そこでビールとおつまみを買って、小屋に戻って、飲んで寝た。19:30に就寝。早っ!

aj1207-3
■ハイビスカス発見!こんな気温でも咲くのですねぇ

本日使ったお金は…
コンビニ朝メシ(378円)、宍喰温泉(300円)、ミルクティー(150円)、菓子パン(126円)、ビスケット(104円)、ビール(190円)、味ごのみ(250円)。

masanoria_336