山と畑でほぼ自給自足の神戸デイズ

45日目!&46日目!&47日目!&48日目!
兵庫県尼崎市→兵庫県神戸市、そして、神戸市にしばし滞在

選挙事務所でお世話になった、松本なみほさんに、「うちに寄って来なよ、美味しいお米あるよ」と誘って頂いていたので、尼崎のあとは神戸市北区へと向かった。人との出会いは本当におもしろい。新しいつながりがどんどん生まれていく。いい旅が送れていると我ながら思う。

なみほさんのお宅には3日間泊めさせて頂いた。家族の方も皆温かく接してくれ、まるで家族の一員になったかのような気分だった。毎日ふかふかの布団で、食事は畑から採れたものを中心にとても美味しく、この間にいろいろな貴重な経験をさせてもらった、感謝。写真で振り返ってみる。

aj1123-1
■お米から籾殻(もみがら)を取り除いて玄米にします

収穫からすべて手作業(玄米から白米の過程のみ精米機を使う)でお米を作られているということでお手伝い。もみがらが付いた状態のお米を臼(うす)で、もみがらを取り除いていきます。臼は石臼の上部分を木で作ったお手製のもの。石臼では重過ぎて、米が粉状になってしまう為。原始的でとても素敵です。

炒った大豆を石臼で挽いて、きな粉にして、きな粉餅もいただきました。香りが全然違いますね。スーパーなんかで市販されている、きな粉は完全にパウダー状ですが、こちらは、少々粗挽きでそれがまた、もちもちのお餅と合います。石臼はマイ・マストバイ・リストに追加されました。うむ。

aj1123-2
■猪をこれから解体していきます

なみほさんのお父さんが猪猟をやられているということで、こちらも経験させてもらいました。猟期というものがあって、兵庫県の場合、今年は11月15日から来年の3月15日まで猟ができるそうです。ということはちょうど始まったばかりのタイミング!お父さんのお仲間から電話があり、ちょうど罠に猪がかかったとのコト。僕も一緒について行くことに…

罠はワイヤーのもので、これが足首にはまる仕組み。柄の長いハンマーで頭部を叩き、気絶させる。この際に、突進してくる可能性があるようで、僕は大きな木の後ろに隠れておくようにと指示を受ける。気絶したあとは、前足の内側から肋骨にそって刃物を入れ、心臓を刺します。僕は後ろから見ていただけでしたが、正直、ショックな映像でした。

山から下ろして、軽トラに乗せ、近くの河原まで移動。内臓を取り除く作業です。ずるずるずると引きはがします。心臓、腎臓、肝臓、胆のうは食べるためにこの時点で取っておきます。内臓を取り除いた体部分は、川に一晩そのまま沈めておきます。肉を固める為、アクを抜く為、ダニを取り除く為ということです。

aj1123-3
■猪の胆のうを1年2年と干したもの、先っちょを刃物で少し削り舐めると、とんでもなく強烈なニガアジ

この日の夜は、心臓、腎臓、肝臓をスライスしたものをホットプレートで焼き、塩コショウでいただく。臭みはまったくなく美味い。貴重なものを食べさせていただいた。そして翌日の朝からは解体作業だ。吊るしあげた状態で、カッターを使い、まずは外側の毛皮を剥いでいく。なかなか時間のかかる作業だ。毛皮を剥いだあとは、テーブルに乗せ、ばらしていく。腱を切り、骨をはずし、ばらしていく。

肉はもうこのままで生でも食べれるらしい。だし醤油で、小さくカットしたものを刺身でいただく。まるで、まぐろのような味だ。臭みはなく、歯ごたえがある。昼食はもちろん猪鍋。畑で採れた白菜、ねぎ、大根を入れて味噌で味付け。そして、ビール。贅沢な自給自足ランチ。

aj1123-4
■猪鍋を囲んでの昼食、お母さんの撮影で、お父さん、西岡さん、僕

今回、罠にかかった生きた猪から、こうして食事としていただくまでのすべての工程を体験した。罠にかかって逃げ場のなくなった猪を殺すのはとても残酷なシーンだった。しかし、生物が生きていくということは、他の生物の命をいただくということである。だから、食事の前には手を合わせ、「いただきます」と言う。

スーパーに並んでいるパックされた、商品化された肉ではわからない。僕たち現代人はあのパックされた、商品化された肉しか知らない。その肉はもともと、生きた牛や豚や鶏なのは間違いないのだけれども、それがどのようにしてスーパーに並んでいるのか、あいだの工程をまったく知らない。最初と最後の部分しか知らない。一生にわたって他の生物の命をいただく者として、これは知らなければいけないことだと強く感じた。

—。

48日目は、朝からみんなで日本三古湯(にほんさんことう)のひとつである有馬温泉へ。温泉から出た後もじわじわと芯から温まる。やはり、そこらへんの銭湯とは違う。昼過ぎに、しばらくお世話になった松本家を出発。四国は高松に向かうフェリーに乗るために、三宮(さんのみや)のフェリー乗り場へ移動。

深夜0:55出発のフェリーに乗り込み、いざ四国へ!

aj1123-5
■もうクリスマスですね、後ろに見えるのは、神戸ポートタワー

この4日間で使ったお金は…
松屋の牛めし2回(500円)、マックのオレンジジュース(100円)、吉野家の牛鍋丼(280円)、コンビニお菓子5つ(525円)、コインランドリー(500円)、ジャンボフェリー(2,140円)。

masanoria_336

コメント

  1. まさ(まさあき より:

    な、なにい
    神戸にきてるのか?!
    俺、就職が決まって今秋田にいるよ・・・。
    なんだかんだで、秋田で2~3カ月研修を受けてから
    神戸に戻る予定・・・。
    お正月は神戸に行きたいけど、もうマサはいないだろうか・・・。

  2. masanoria より:

    > まさ(まさあきさん

    今、秋田だったんだー。おれは今、徳島にいるよ。
    一旦、このまま四国→九州→沖縄と周って、そのあとは北海道を目指して北上するから、
    そのとき会おう!

  3. namiho より:

    メリークリスマス!
    あらま~、ここにアップされていたのね~、ごめん、今見ました。

    脱穀してた臼は「キザミ」が入って脱穀率がアップしました。。(笑)

  4. masanoria より:

    > namihoさん

    メリークリスマス!
    おぉ!臼、改良したんですね。たしかに前のは脱穀率ちょっと低かったですもんね、笑。
    そうです~、ここにアップですよー。チェック、ありがとうございます!
    道端で植物、結構見てるんですが、セダム見つけられないですね~、うーむ。。