比叡山延暦寺、紀貫之のお墓

28日目!&29日目!&30日目!
滋賀県近江八幡市→滋賀県守山市→滋賀県大津市、大津市に滞在

うぉぉぉ、日記が追い付かねぇぇぇ!あかん~。。3日分早送り再生、えーい!そういえば、いつのまにか日の丸の国旗がナイない無い。どこかで無くしてしまったようだ…oh, my god!

aj1106-1
■草津市立水生植物公園「みずの森」にて

とりあえず、前回の記事にも書いたように「花」が僕のなかでキーワードになりつつあるので、植物園などは手当たり次第に行ってみよう!と思っている。しかし、ここの植物園は正直、微妙だったなぁ。あんまセンスなかったなぁ。感動しなかったなぁ。

まぁ、季節が微妙ってのもありそうだが。。花が好きな理由のひとつに、「カラフルなものが好き」というのがありそうだ。思えば、小さい頃からカラフルなものが好きだったなぁ。クレヨンの色とかたくさん使ったなぁ。だから、Jim Woodringの作品も大好きなのかもしれない。うむ。

aj1106-2
■琵琶湖大橋を渡る

守山市では、えいちゃん宅に寄った。えいちゃんはインドの旅で出会った仲間のひとりだ。しかし、タイミングが会わず、僕が守山市に着く頃、彼は和歌山に行っていた。だけど、「まさがよければぜひうち寄ってや!うちのファミリーもまさ来るの楽しみにしてるで!」と言ってくれて、えいちゃんは不在だったが、実家に寄らしてもらう運びとなったのだ。

お父さん、お母さん、おばあちゃん。えいちゃんファミリーはフレンドリーで優しくて素敵な家族だった。夕食もご一緒させてもらい、ビールも飲んで、ピアノ演奏のリクエストもいただいたので、食後に弾いたりもした。夜は、えいちゃんの部屋を借りて寝た。手紙が置いてあった。

Dear まさ

滋賀県、僕の家へ来てくれてありがとう。
インドのコルカタで出会って、再びこうやって繋がれること、ほんまにうれしいな。
今回、直接会えへんたけど、また会える、会おうな。

まさが日々前進して行動して、刺激受けてるで。
自分は人生をかけて何がしたいのか?
来年、社会出てサラリーマンなって…それが自分のしたいことなん?その先に何があるの?

頭でいくら考えても答えの出ない…もしかしたらもう答えは出てるんかもしれない…
自問自答をくり返して、そんなモンモンとした日々が最近あってん。

そんな時にまさが来るってなって、写真とか見直して、
まさのブログとか読んで、前進し続けようって思い直せてん。ありがとう。

たまに立ち止まっても、ゆっくりなっても、進み続ける。
昨日の自分より今日の自分。そんなことを考えたで。

また会おう。まさ。

えいすけより

—。

aj1106-3
■信じられないほどたくさんの物をいただく

比叡山にほど近い公園でテントを張っていたのだが、朝、テントから出ると、わたなべさんという方が座っていた。比叡山延暦寺への行き方、今日の昼からしばらくは雨は降らないこと、この公園で1週間前にもテントをしていた旅人を見かけたこと…などなどを話した。

車で各地を周られているようで、「トランクのなかにたくさん食料積んでるんだけど、そんなに使わないし、整理したいからあげるよ」というコトで、信じられないほどたくさんの物をいただいた。旅の天使かと思った。そのあとは、比叡山延暦寺に向かった。

aj1106-4
■紀貫之の墓、Google Mapで場所を確認すると凄まじい場所にあることがわかります

紀貫之は比叡の山をこよなく愛し、琵琶湖の羨望がすばらしいとの理由で、この裳立山に墓を作られたそうです。比叡山延暦寺へ登る山の途中にあります。紀貫之は945年に亡くなられたとされていますが、千年以上前の人物のお墓がこうしてあることに感慨。

aj1106-5
■比叡山延暦寺の総本堂である「根本中堂(こんぽんちゅうどう)」(国宝)

比叡山は、伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)が1,200年前に開いた仏教修練の山岳道場であり、日本仏教の文化の母体をなす山。「世の中に山てふ山は多かれど、山とは比叡の御山をぞいふ」という和歌も有名です。今までお寺や神社など、たくさん訪れましたが、根本中堂はさすがにオーラが違いました。心がすっと静まります。

この3日間で使ったお金は…
コンビニお菓子(210円)、みずの森入園料(300円)、ガスボンベ(105円)、すき家の牛丼(280円)、コンビニお菓子(231円)、坂本ケーブル(1,570円)、比叡山延暦寺巡拝券(550円)。

masanoria_336