出る杭は打ち、可能性の芽は摘み、普通であることを望む

20日目!&21日目!
愛知県名古屋市→愛知県瀬戸市、瀬戸市に滞在

朝、慶太と別れたあと、少しピアノの練習でもしようと思い近くにあった白川公園へ。

キーボードをアンプにつなぎ弾いていると、速攻で自転車に乗った係りの人が登場。「この辺の都会の公園はどこも音にものすごい敏感でして、アンプはダメなんですよ。ヘッドフォンしてもらう分には構わないんですけど…」、「まわりのマンションの住人や、公園を散歩している人からすぐに苦情が来てしまうんで…」

僕は別に練習してただけなので、イヤホンでも構わなかったので、アンプのスイッチは切った。公園のまわりを見回しても、すぐ近くにマンションは見当たらなかったし、あったとしてもこの小さなアンプの音は届かないだろう。これがうるさいと言うならば、広場で放して遊ばせてる犬の吠える声のほうが断然うるさい。

しばらくしてから、20人から30人くらいはいると思われる女子大学生のグループがダンスの練習でスピーカーから音を流していたが、さっきの係りの人が登場することはなかった、fuck.

aj1029-1
■南山大学の旅サークルの部室にてピアノ演奏、さとしがセッティングしてくれました

オーストラリアのパース(Perth)を思い出した。パースはオーストラリア西海岸にある都市なんだけど、世界一美しい街とも言われている場所だ。街を歩くとたしかに美しい。夜、繁華街のオシャレなストリートを歩いている時、即興でストリートダンスをやっている群れに出くわした。地べたにスピーカーを起き、音楽を流し、集まった人だかりの中心で自由にダンシング。誰でも参加可能。そして多人種。

一方の側では、楽器を持った人たちがメロディを奏で、歌を歌っている。僕には、どっちがストリートを盛り上げられるか勝負しているように見えた。だけどその前に、両方とも心から楽しんでいた、見ればわかる。楽しいな、素晴らしいなと感じた。こういった表現者たちが街に活気を生む。

こんなオシャレなストリートで、音楽やダンスをやったら、日本では速攻で警察とか警備員の類が来て注意されるだろう。やめてくださいと。警察呼びますよと。fuck.

出る杭は打ち、可能性の芽は摘み、普通であることを望み、で、もう20年も成長なし。裏じゃ、12年連続で自殺者は3万人越え。自殺未遂者は少なくともその10倍。自然界・動物界にはない現象。明らかにおかしな社会、本当断固否定。

—。

公園を後にし、南山大学に通うさとしを訪ねるため、瀬戸市に向かった。前回の旅のときにインドで出会った旅人だ。ドミトリーの部屋が一緒だったのだが、彼のバックパックの中身の半分は本で占められていた。ありえない。分厚い万葉集も入っている。「変わり者に違いない」、それが第一印象だった。

aj1029-2
■ちょうど学祭の準備中でした、想像以上に緊張してボロボロ…上野教授から800円を頂く

aj1029-3
■さとしのロンリープラネットたち

13ヶ月に及ぶ世界一周の旅を終えて2ヶ月前に帰国し、また来年の2月くらいから1年かけて世界を旅してまわる予定だという。こないだ帰ってきたばかりなのに早っ!度肝抜かれた。

翌日は台風というコトで学祭も中止になったという。さとし宅にもう1泊お世話になる。が、結局、台風は来ないし、雨すら降らなかった。なにやねん。ゆっくりとした1日を過ごす。夜はさとしの部屋で、こないだ竜馬にもらった「人生の地図/高橋歩」と、さとしの持ってた「星の王子様/サン=テグジュペリ」を読んだ。

良書だ。どちらも人生で大切なものの核心を突く。普通に生活していると次第に忘れていく。だから、こうやって本を読んで再認識するってのは本当に大事だ。うむ。

この2日間で使ったお金は…
吉野家の牛鍋丼(280円)、マックポークセット(530円)、ホットカフェモカ(140円)、コンビニめし(391円)。

人生の地図
人生の地図

posted with amazlet at 10.11.01
高橋 歩
A‐Works
売り上げランキング: 2477
masanoria_336

コメント

  1. 魔羅ドーナ より:

    なにか人と違うことをすれば、容赦なく駆逐される日本社会。ぼくも常日頃それを感じています。そもそも人と異なる新しいことに挑戦する、発想することこそが社会を豊かにするのに・・・。話は飛躍するが今行き詰っている日本経済だって、新しいアイデアが必要ではないのか?それなのに旧態依然の行為のみ正しいとされる環境では経済の停滞を打破できないのではないか?人々の日常にすら保守的な規則を持ち込むこの社会に未来はあるのだろうか。

  2. lknnh より:

     
     「出る杭は打ち、可能性の芽は摘み、普通であることを望む」
     
     やられやした。 パンチラインっす。 無難とか普通であることは否定しないけど、人と違う事した方が楽しいはず!!! 「楽しむためには、多少のリスクを伴う」っていつだか言ってたの忘れてない。 もしかしたら、FFとかドラクエが人気な理由って、画面の中でリスクを抑えて、思いっきり冒険できる! 的な人間が持つ本能を刺激してくれんだな、きっと。 しかし何が言いたいんだ、、、オレ乙 

     まっ気をつけて!

  3. Makoto より:

    私のSatoshiの第一印象は、「ホントに今どきの大学生?こんなピュアな子もいるんだ~」でした。無事に世界を回れるのかな、と心配したのは余計なお世話で、(超ヘビーなバックパック背負って)しっかりと一歩一歩ふみしめて、一層ステキになって帰ってきましたね。脱帽です。
    彼の友人であることを誇りに思っています(*^_^*)

    寒くなってきましたね。ケガに気をつけて&ステキな出会いを!!