「旅=お遍路」という意識

18日目!
愛知県豊橋市→愛知県岡崎市

今日は夢を見た。僕は基本的に夢を見ることはあんまりナイんだけど、今日は夢を見た。舞台はどこかの外国で、日本ではないことは確かで、旅人が集まるような宿だった。その宿の周りは崖がちで荒涼としているのだけれども、多少は木々の緑もあるような場所だった。

「すうこ」という名の同年代ぐらいの女と出会った。色白でスレンダーで髪をひとつに結っている。繊細な明るさを持っていた。気が合うとわかるまで時間はほとんどかからなかった。「すうこ」って言うもんだから、どういう漢字を書くのかと聞いて、確かに夢の中では教えてもらったのだけれども、こっちの世界で起きてからは、どうしても思い出せなかった。

他にも、ストーリーはあったけれども、もうこの文章を書いてるときには、ある程度、夢から覚めて時間が経ってしまっているので細かい部分は忘れてしまった。いや、覚えてはいるんだけど、文章化できないほど、記憶はうっすらとし断片化されてしまっている。そんな記憶を手掛かりに文章として書くのは、沈没した船を海底から引き揚げるように難しい。

—。

豊橋市の水道はなんか小細工がされてあって、蛇口をひねっていないと水が出ない仕組みになっている。だから、両手で手を洗うことはできない。こうなると食器なんか洗いづらくってしょうがないし、顔を洗うときも、歯を磨くときも、右手は蛇口をひねり、左手ですくった水で、ということになる。だりい。

日本人の場合、口をすすぐときなんかは両手で水をすくうけど、インド人は片手で水をすくう。食堂には必ず水道があって、食後はそこで手を洗い、口の中をすすぎ、口のまわりもすすぎ、指を使って歯をゴシゴシする。だからインド人は虫歯になる人は少ないそうだ。そんなことを思い出した。

aj1027-1
■山中八幡宮、力強さがあります

aj1027-2
■鳩ヶ窟(はとがくつ)、一揆で門徒に追われた家康が身を隠した洞窟

朝はマックに行った。そこでとあるお兄さんに話しかけられた。お兄さんは沖縄の出身で、以前に自転車で日本縦断の旅に出かけたコトがあるそうだ。沖縄から鹿児島に行き、九州の最南端である佐多岬に行き、熊本に入りそこで友達の家に1ヶ月滞在したら、お金が底を尽きてしまったらしい。

そこで、こちらの方の工場に稼ぎに来ていると言っていた。お金を貯めて、日本縦断の次の機会を狙っているそうだ。長いスパンで見れば、今もそのお兄さんは日本縦断中なのだ。うむ。

それにしても僕の想像以上に旅をしている人というのは多い。こないだも静岡の浜松あたりで話したおじさんは、軽自動車で浜松から沖縄まで行き、そこから沖縄のすべての離島をまわったと言っておられた。すべての離島?マジか。のべ1ヶ月半の旅だったそうだ。

また、そのおじさんの友人は浜松から歩いて四国まで行き、そのまま四国八十八箇所を歩いてまわった、と。こちらはのべ3ヶ月だったそうだ。みんなファンキーだ。

他にもいろんな人から旅の話を聞くが、必ず出てくるキーワードがあって、それは四国のお遍路だ。日本人の意識のなかで、「旅=お遍路」というのがあるっぽい。お遍路はやっぱり旅行とは言わない、旅だ。ストイックな感じがあるかどうかが、旅と旅行の境界になってるっぽい。たしかに、ハワイに旅に行ってくるとは言わない。ハワイは旅行だ。「ハワイ旅行」。「ハワイ旅」、ないない。

aj1027-3
■今まで出会った旅人がみんなレトルトカレーを食べてたので、買ってみました

国道1号線をひたすら走り、岡崎中央総合公園に今日の寝床を決めた。テント野宿は連続6日目。意外と大丈夫なもんだ。うす。

今日はぼちぼちお金を使った。すき家の牛丼(280円)、レトルトカレー(105円)、カセットガス(105円)、カフェオレ(100円)、マックのホットコーヒー(120円)。

※今日は雨だけど、これから名古屋に向かいます!うひょー

masanoria_336

コメント

  1. さとし より:

    ゆめをみるのは幸せなことですね~

  2. あまてらす より:

    名古屋市千種区 にてあなたと思われる自転車をお見かけしました。 なんだかよく分かりませんが日本一周頑張ってください。 自転車の看板よく目立ちますね。