夜の駅前だけが路上(ストリート)じゃない

17日目!
愛知県豊橋市滞在、移動なし

aj1026-1
■ピアノの朝練の様子

AM4:30寒くて起床。昨夜、テントのなかで少しだけ横になろうと思って、寝袋に入らず横になったまま寝てしまったようだ。いかんいかん。風邪を引いてしまう。まだ起きるにはちと早いので寝袋に入って再度寝る。次の目覚めはAM6:30だった。

6時30分は起きるには少々遅い。あと30分で7時だもの。テント野宿の理想は人々が起きだす前に起きることだ。最近やや緊張感が欠けてきた。慣れてきたってコトなんだけど。。いつものように片付けをして、一通りその作業が終わったら、ピアノの朝練をはじめることにした。

公園には朝の散歩をしている人たちが行き交う。その朝の雰囲気に自然に入っていけるような音量と音色で弾いた。LA・LA・LA LOVE SONGだ。何人かの人に話しかけられた。その中にはアマチュアのカメラマンの方もいて、「撮っていいですか?」と。「どうぞどうぞ」と。パシャパシャと写真を撮られながらピアノを弾いた。

とあるおばさんからは、「すごい音色がキレイだね」とお褒めの言葉を頂き、「今これしか持ってないんだけど…」と100円玉を頂いた。投げ銭用の帽子などは置いていない。音楽を発信すると人との出会いが生まれる。よくわかった。楽しい。早くリハビリをして、駅前なんかで弾きたいという思いが強くなった。

aj1026-2
■豊橋駅前からの景色を一枚

aj1026-3
■芦原駅に向かう途中、愛知大学近くの鉄橋からの日没グラデーション

朝食は昨日の朝に炊いた分のおにぎりだ。自転車のサイドバッグに入れておいて、近くに生乾きの洗濯物があった為であろう、おにぎりがせっけん味になっている。においが移った模様。マズすぎた。捨てるのはモッタイナイすぎるので食べたけど。以後、配置には気をつけよう。。

夜。ピアノのリハビリだ。豊橋というのはどうも愛知県で名古屋の次にビッグな街らしい。駅は結構デカい。駅前のテキトーな所に陣取って、弾こうと思ったのだが、どうも小心者魂が炸裂してウロウロして、オドオドして、陣取るに至らなかった。結局、駅の中心から少し離れた場所で弾き始めることにした。

寒くて手が動かない。今日の夜からグっと冷え込み始めた。その上、風も吹き荒れている。音がしたので見ると、おやまぁ、イチョウの葉がキーボードの上に落ちた。冬がもう近い。20分で撤退した。初路上デビューは失敗に終わった。

今日は朝と夜にピアノを弾いてみたが、別に夜にやる必要性は特にナイということに気付いた。自分のなかで、「路上演奏=夜」という固定観念があったけど、逆に早朝でもアリなんだということがわかった。夜の駅前だけが路上(ストリート)じゃない。これは収穫。

aj1026-4
■まさか、芦原(あしはら)という名前の駅があるとは!ってコトで、チェックしてきました

撤退した後は、もう風が吹き荒れたのでどうすることも出来ず、豊橋公園に避難した。これが冬か。寒みいぃ。キツイねぇ。たしかに、寒くて日も短いけど、冬なら冬なりの旅のしかたを見つけるのが旅人ってもんだ。うむ。来るなら来い!冬よ!

今日はお金を使うことはなかった。

※旅に出てからというものアクセス数がググっと上がり、最近はだいたい1日に150人ぐらいのアクセスがあります。次目指すは500人ってトコですかね。

※計画性のまったくナイ僕ですが、おおまかにこれから進むルートを決めました。
→名古屋→滋賀→京都→奈良→大阪→和歌山→徳島(船で四国入り)って感じです!うす!

masanoria_336