鎌倉探訪

先日、鎌倉に行ってきました。

神奈川県のなかで、いちばん好きな街かな。山があって、海があって、歴史もあるっていう。雰囲気とオーラがあるよ。あと、オシャレ。小田急線の愛甲石田駅から、「江の島・鎌倉フリーパス」ってのを買って。これ、1,210円で愛甲石田駅から藤沢までの往復(途中下車も可)と江ノ電乗り放題っていう。やるね、小田急。

kamakura-tanbou01
■生しらす丼定食 @ 魚見亭

今日は鎌倉メインで攻めようと思ってたけど、急遽、昼メシだけ江ノ島に行くことに。江ノ電の江ノ島駅で途中下車し、歩いて。そいで、魚見亭ってとこのテラス席にて。超オーシャン・ビューかつ快晴。海の風を感じ、眼下に広がる青と生ビールの黄金色ですでに昇天。な、うえに、生のしらすがぷりぷりの新鮮ときたから、もうヤバい。やっぱ、日本だわ。

kamakura-tanbou02
■階段を上ると、源頼朝のお墓ありけり

源頼朝は鎌倉幕府の創始者。今から、800年前の話。「いいくに作ろう鎌倉幕府」とは、1192年に源頼朝が征夷大将軍に任官されてから鎌倉幕府がはじまったというものだが、「鎌倉幕府は1185年から」というものが今はもっとも有力らしい。注意すべし。

kamakura-tanbou03
■雪ノ下、浄明寺、佐助

この写真は3枚の写真を合成したもの。鎌倉は住所がヤバい。「鎌倉市雪ノ下」とかセクシーすぎる。免許証をこれにしたい。佐助もいい。個人的に、鎌倉市の住所ベスト4は、「雪ノ下、二階堂、浄明寺、佐助」なのであるが(好きな順に並べたということではない)、いくら探しても、二階堂のこの紺色の住所標識がなかった。理由はたぶんだが、二階堂だけ旧番地だからではないか、と思われる。

kamakura-tanbou04
■浄妙寺の茶室

ヨーロピアンとか連れてったら、喜びそう。和室から庭園を眺める。わびさび。この浄妙寺は鎌倉五山のひとつ。鎌倉五山とはなんぞや?という話だが、これがちょっと小難しくて、いまいちわからんのだが、まぁ、たぶん、選ばれし5つの格の高いお寺。と、簡易バージョンで解釈しました。

そして、浄妙寺は住所が鎌倉市浄明寺にあるのだが、なぜ、「みょう」の字が違うのか?と質問したが、これもいまいち理解するに至らなかった。ムズい。ちなみに、鎌倉五山は、建長寺(第一位)、円覚寺(第二位)、寿福寺(第三位)、浄智寺(第四位)、浄妙寺(第五位)という構成。

kamakura-tanbou05
■浄妙寺の茶室では、抹茶がいただけます

探訪に、歩き疲れて、ひとやすみ。さすが、勝手に五七五になってくる。
それにしても、いかんせん暑い。日本の夏は暑い。シンガポールとか、インドも暑かったけど、日本もイイ線いっちゃってる。探訪は体力勝負。で、1日じゃムリ。定期的に通おう。

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336