富士山に登ってきた(吉田口ルート)

7月9日に富士山に登ってきました。

旅をしていた時に、インドで出会ったはじめさんとけいすけさんに誘われて。前々から、富士山には登りたいと思っていたので、二つ返事。前日に静岡インし、はじめさん宅に泊めてもらうことに。夜ははじめさん行きつけのバー、GAJAHへ。住宅街に突然現れたオシャレなバー。3人の人と新しく出会い、5人で飲む。

明日は、朝3時30分起きなのだが、たしか23時頃まで飲んでしまう。まぁ、大丈夫でしょ。腕時計のアラームで3時25分に起床。睡眠の質良し&体調もばっちり。4時に集合場所へ。7人揃って、いざ富士山へ。

fuji01-2010
■富士登山道(吉田口)。さぁ、てっぺん目指してスタートだ

今回は山梨県側から富士山のてっぺんを目指す。7時前に、吉田口の5合目に着く。ここまではもちろん車で。ここまで来ると富士山は目前のように見えるが、往復の目安が9時間と聞く。トイレを済ませたり、装備の確認、準備体操などをする。そして、円陣を組んで、気合い入れて、いざ出陣。

fuji02-2010
■上から、はじめさん、真理さん、けいすけさん、まっぽんさん、福ちゃん、芹さん

一緒に登ったメンバーは僕含めて7人。5人とは初対面であったが、問題なし。みんな話しやすい。みんな旅人やサーファーでもある。旅での出会いが日本で新しい出会いを生んだ、感謝。

世界を旅していると、毎日いくつもの新しい出会いがあるのだけれど、それはあくまで、「種」。種ばっかりたくさん持っていてもしょうがない。ケータイのメモリー増やすのに躍起する感覚と同じ。正直、種を集めるのは結構簡単。ただ、花を咲かすのは簡単なことではない。

fuji03-2010
■吉田口の7合目(標高2,700m)にて、この辺はまだ全然ヨユーそう

僕はこれが登山2回目。1回目はこのブログの最初のほうにも書いたが、地元・伊勢原の大山。やはり、すれ違うときはあいさつを交わすのが登山者の暗黙の了解のようだ。いいね。それにしても、外国人が多い。さすが、Mount Fuji。日本と言えば、富士山。間違いない。3割ぐらいは外国人のような印象。

fuji04-2010
■山肌には少しだが雪が残る、雪の白と雲の白が気持ちいい

fuji05-2010
■無事に山頂に到着!風が吹き荒れて写真どころではなかったけど、なんとか記念にパチリ

7人全員とも山頂に無事登り着く。途中、雨が降ってきたり、雪が降ってきたり、強風が吹いたりもした。後半はあまり天候は良くなかったが、まぁ、それも思い出。下山するのはやはりヨユーで休憩もそんなに必要ない。終始、おしゃべりしながら下る。

5合目を出発して、てっぺんまで行って、また5合目に下山してくるので、だいたい8時間30分だった。そのあとは、温泉に行き汗を流し、静岡に帰ってきてからは、居酒屋で祝杯。いつかのインドのレストランで飲みながら熱く語った夜が、またここ静岡で。うれしい。

旅をしていなくても、日本でも、出会いはたくさんあるんだね。
今度は、ご来光を見に泊まりがけで富士山に行きたいと思う。またこよう。

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336