ヒルのような肌

4時前起床。目覚めはあまり良くない。
昨晩、胡麻せんべいとモッツァレラチーズでビールを飲む。そのまま知らないうちに寝てしまった。

意識がぼやけているので、すぐウォーキングに出る。この時間でもほのかに明るい。道を歩いていると、たまに鼻水が干乾びたような感じで、キラキラしていることがある。今日のような、じめってる日は特に。あれは何なのかというと、ヒル(コウガイビルというらしい)の足跡なのである。

知っているだろうか?ヒルというのはよく見るとわかるが、水分含有量がものすごい。超モイスチャー野郎なのだ。だから、移動するたびにモイスチャー成分が溶け出して、それが乾燥して、キラキラと光るのである。言ってみれば、モイスチャー成分の過積載であり、道交法違反である。それほど潤っている。

もちもちぷるぷるの肌をよく「赤ちゃんのような肌」と表現するが、今度から僕は、肌のきれいな女の人には「ヒルのような肌ですね」と言うことにしようかと、真剣に検討している。

5時前に帰宅。この時間になるともう完全に明るい、朝。ホットカフェオレとバナナで落ち着く。
blendy-honeysweet
■ホットカフェオレ(Blendyハニースイート味)

このマグカップは中3の時に卒業記念だか、なんだか忘れたが、もらったもの。「2000,3,9.」と記されている。今日は、2009年5月31日。あれから丸9年以上経ったらしい。「そんなに経つのか」と改めて思う。と同時に何故だか、妙に寂しい感じがしてくる。もうあの頃には決して戻れないから、寂しくなるのだろうか。郷愁(ノスタルジア)である。

masanoria_336
masanoria_336

フォローする

masanoria_336