ハンピ(Hampi)でブッ飛ぶ

ゴア州では酒税が掛からないのか何なのかよくわからんが、ビール(他の酒は飲んでないので知らん)が安い。レストランで飲んだTUBORGの小ビンは35ルピー(約70円)で、売店だったらそれが25ルピー(約50円)で買えた。ビールが安く手に入るという事実は、精神的にプラスだ。

と言っても、僕は酒に強くないので量は飲まない。2本飲んだら十分だ。しかも、最近はさらに酒に弱くなったようで、小ビンなら2本目は残してしまうし、大ビンなら1本も飲めない。ふふふ。

church-assisi
■Church of St. Francis of Assisi(聖フランシス教会)内部の壁画 @ オールド・ゴア

そこのレストランのスタッフ(インド人)が来年、日本(東京)に行くと言う。彼女(インド人)と一緒に1ヶ月ほど観光で訪れる予定だそうだ。来年とはまた、かなり先の話だがいろいろ質問された。

おう、なんでも質問してくれ。

海はあるか?クラブはあるか?ドラッグはあるか?バイクのレンタルはあるか?日本人は好戦的か?インド人の男がインド人の彼女と街を歩いても問題ないか?警察は暴力的で殴ってくるか?牢屋は快適か?

ツッコミどころ満載だが、本人はフツーに真剣だ。しかも、牢屋に入れられてしまうリスクまで考えている。普通のインド人にとって外国(日本)に行くということは、それほど恐ろしいことなのだろうか?

日本で暮らす日本人として、答えておいた。「海もあるし、クラブもある」、「日本ではドラッグをやるべきではない」、「バイクのレンタルはあるけど、交通マナーが厳しいから、移動は電車とタクシーを使ったほうがいい」、「彼女と街を歩いても問題ないし、警察も殴ってこない」…。

質問に答えながら、改めて日本とインドを比較すると本当に全然違うよなぁ、と。ちなみに、「ホテル代がいかんせん高いよ」と言ったら、その点は問題ないらしい。「彼女がリッチだから、お金のことは問題ない」と。彼女の父親はデリーとムンバイでホテルを経営しているらしい。ほうほう。

navi-vascodagama
■ゴアはポルトガルの元植民地。F.ザビエルの遺体が安置され、ヴァスコ・ダ・ガマが亡くなった地でもある

こういうときに、日本がどんな国かわかるような写真とか動画とかを持っていると便利だよなーって思った。そういうSDカードを1枚作っておいて、サイフなんかに入れておけばいつでも対応できるし、話も盛り上がるし。やろうっと。

—。

ゴアのあとは、BelgaumとKoppalという街でそれぞれ1泊づつ取りながら、ハンピ(Hampi)という街まで進んだ。いや、街というか、規模的にはハンピは「村」といったほうがふさわしい。ゴア→Belgaum→Koppal→ハンピの移動で、走行距離はそれぞれ176km,239km,48kmだった。

そして、ハンピに着いたその夜に事件は起きた。

バナナでも食べようと、そして明日の朝メシ用にと、夜買いに出て宿に戻るときのことだった。歩いていて後ろのほうがやけに騒がしいなと思ったが、騒がしいのは特別なことではないので、そのまま後ろを振り返ったりせず歩き続けていたが、その声がだんだん大きくなってきたので、「なんだ?」と思い後ろを振り向くと、自転車が猛スピードで突っ込んできた。

いや、本当のところはその瞬間、何が起きたのかわからなかった。とにかく何かがぶつかってきて、そのまま地面に叩きつけられるようにブッ飛んだ。すごい速さで地面が近づいた。速すぎて脳が視覚情報を処理できずに、少なくとも途中の画像2枚はハショられたように思う。久しぶりに痛かった。両手で持っていたバナナもブッ飛んで、ぶちまけた。

まわりにいた人が集まってきて、人だかり。なかなか動けない。かなり負傷したぞ。右ひじ、左ひじ、右ひざ、右足首は血だらけの外傷。そして全身を強打。

こちらがピヨってる間に犯人は立ち去ったようだ。くそったれめ。フツー謝るぐらいするだろ。腕時計がそこらへんに落ちてる、ちぎれたのか。現場は100mはありそうな下り坂の最後で、聞くところによると、ブレーキが壊れて効かなくなったとのこと。マンガみたいな話。うーむ、困りますね。ムカついてもしょうがないので、「人間万事塞翁が馬」的にポジティブに考えます。

「このことが幸福にならないとも限らないよ」…。

まぁ、そこらへんで遊んでる3歳とか4歳とか5歳とかのキッズに当たらなかっただけよしとするか。僕なら、自転車の1台や2台ぐらいに猛アタックされた程度じゃ、へこたれねえ。

matanghill-hampi
■Matang Hillにて、ネットワーク・エンジニアたちと @ ハンピ

と、いうわけで現在ハンピにてケガの回復を待つ身。インターネットやり過ぎ、ブログ更新しまくり。おや、ブログの記事が実際の旅に追いつきました。わーい。

masanoria_336

コメント

  1. choco より:

    昨日(5/3)私は大阪の国道を車で走っていて、スピード違反50キロオーバーで10万円以下の罰金と免停という裁きに、相当凹みまして、今もまだ凹んでいるのですが、偶然訪れたこちらのブログを読ませて頂き、なんだかふっ切れそうです。
    「人間万事塞翁が馬」的にポジティブに考えます

  2. masanoria より:

    > chocoさん

    どんなことが起きてもポジティブに対応できたらいいですよね。
    これはインドの旅で教えられたことのひとつです。

    インドでは日本ではありえないようなことが頻繁に起こるので、
    そのたびに、ネガティブに対応していたら、
    自分もまわりの相手もどんどん不愉快にさせてしまいます。

    この記事がchocoさんをポジティブな考えにさせたなら、
    作者として大変うれしく思います。

  3. choco より:

    ワーお返事ありがとうございます。

    私も放浪の旅に憧れますが(だからコチラのブログに辿り着いた)、ぬる~いサラリーマン生活から抜け出すのが怖くて悶々とした生活を送っております。

    ☆命には充分お気をつけて、アドベンチャーしてくださいませ。